茶カ塩湖(天空の鏡)

茶カ塩湖は茶カまたダブソニルと呼ぶ、青海省海西モンゴル族チベット族自治州鳥蘭県茶カ鎮にある天然の結晶塩湖です。「茶カ」はチベット語で、塩池、つまり青海の塩です。「達布遜海爾」はモンゴル語で、塩湖の意味です。茶カ塩湖の気候が暖かくて涼しいです。干ばつが少なくて雨が少ないです。高原大陸性気候に属しています。年間平均気温は4℃で、年間平均降水量は21.4ミリです。湖面の海抜は3100メートルで、長さは15.8キロメートルで、幅は9.2キロメートルで、楕円形を呈して、深い鍋のような形、総面積の105平方キロメートル。
 茶カ塩湖はタール寺、青海湖、孟達天池と並び、「青海四景」の一つで、旅行者たちに中国の「天空の鏡」と呼ばれ、国家旅行地理雑誌に「人一生必ず行く55のところ」の一つと評されています。それとボリビア西部高原にありウユニ塩沼も「天空の鏡」と呼ばれています。

盐湖婚纱1盐坨1
 

詳細な紹介