ナムツォは5月中旬に氷が解けて湖を開きます。

ナムツォは5月中旬に湖を開きます。              

来源:中国チベット新聞網—チベット商報/記者洪西
 昨年10月から今年3月にかけて、ナムツォまでの道路が補修で一時停止しています。今は若い女の子のようで、多くの人に見られたいと思っていますが、近寄れません。今年の5月1日、記者はナムツォに入りました、ここで一歩一景の感じられました。              
当日の朝7時ごろ、記者の一行はナムツォ国家公園観光スポット直通車に乗って、5時間近くかけてナムツォ国家公園に着きました。あのナゲラ山の展望台で、遠くのナムツォが、まるで銀色のハダのように、静かにネンチャンタングラ山のそばに横たわっています。観光中心地でまた1時間走って湖の辺に着きました。車を降りると、カモメは観光客を迎える第一めの主人となりました。続いて、青空に映えるナムツォは氷の下で黙々と流れています。割れた氷の層は岸辺に堆積しています。たまに風が吹いてきます。湖と氷の表面の泡は風向きに従って泳ぎます。              

ナムツォ入口

「ナムツォがとても美しいです。チベットでしか見られないほどの美しさにうっとりしました」と話しています。浙江省杭州から来た唐さんは観光スポットに入ると、撮影モードを開始し、「私の故郷には千島湖がありますがチベット旅行にきました見えた湖の方が最も綺麗に見えますと、またチベットに来たいと思います。」              5月のラサはもう春が暖かくて、花が咲いて、万物が蘇りますが、ナムツォはまた一つの景色です。更に観光地の奥所に行って、合掌石、善悪洞窟などの名所を通って、ナムツォの辺の氷はだんだん消えて、深い所に行くほど解けた大きな湖が見えてきて、思わず望外の喜びを感じさせます。この景色を見て、観光客の左さんは急いで友達を連れて湖の辺に散歩しながら「雄大な光景を見たいと思っていましたが、今回は夢が実現しました。」と言いました。              

ナムツォ 
「今のナムツォはまだ半氷湖の様子ですが、毎年5月中旬についたら一夜のうちに湖を開きます、さすが前の日はまだ氷が閉ざされています、翌日は碧波が立ちます、とても奇妙です」、ラサのポタラ観光文化グループの産品部部長の謝少平さんによると、毎年「メーデー」が始まり、ナムツォに旅行に来る観光客が増えています、観光スポットはまだ道路工事中なので、ナムツォ国立公園観光スポット直通車に乗ることを勧めています。 

 

詳細な紹介