チベット旅行の入域許可書、チベット旅行情報

 チベット旅行に入域許可書「パーミッションチェック」は

入域許可書の申請に必要な書類はパスポートのコピー(顔があるページ)を20日間前に送っていただきます、メールの添付でもよろしいです、またラサの観光のガイド(一日550元)と車のチャーターの手配も必要です「駅の出迎え180/一回、空港見送り600元、一日観光760元/一日」。毎年の1月から3月下旬まで入域許可書の手配が出来ないですご了承ください。 ラサでのホテルと食事が手配不要でもいいですが、出来れば外国人が泊まれるホテルを探してください、ホテル予約の手配をさせる場合は早めに教えてください。

 また別にご質問ありましたらご連絡するまで、入境许可证と西寧/ラサのチケットは西寧で弊社の事務所で渡します、4月からお一人からツアーまで手配ができます。

入域許可証は下記のようです、個人から団体まで手配が出来ます、お気軽に問い合わせて下さい。

入域許可証コピーのまま列車に乗れます、飛行機は原稿が必要です、申請は普通二週間ぐらいです。

WechatIMG33

入域許可証名簿

2019同仁県隆務「レゴン」地方チベット仏教お祭り時刻表

                                  

2019ラブラン

2019タール寺

     

玉樹などの地方お祭り時間

チベット仏教の豆知識

紀元七世紀頃、仏教は唐とインドからチベットに転入された。長期に渡る発展を経て、仏教の基本的な教義を保ちながらも、濃いチベット地方色を兼ねた「チベット仏教」が形成された。歴史的には数多い流派があったが、現在は主にゲルク派「黄教派」、ニンマ派「紅教派」、サッキャ「花教派」、カッキョ派「白教派」の四つが流行している。

 

詳細な紹介