砂漠緑化

 

砂漠緑化ナゴヤ 法人 

  秘書長 豊住 満様

日本沙漠緑化協会青海省で義務植林活動の状況

 

砂漠緑化協会の成立と活動について、1991年日本鳥取大学の名誉教授遠山正瑛教授のおかけで、中日友好の日本民間企業と国会議員、学校の先生、公務員、退職者達の300人位が参加し、2005年に日本沙漠緑化名古屋NPO非営利民間組織が成立した。

 1991年“日本沙漠緑化実践協会”が内モンゴル恩格貝で義務植林を初め、1997年に“名古屋砂漠緑化支援協会”は支援会の式で中国の義務植林活動に加入した。

 2001年に植林活動範囲を拡大し砂漠化酷い中国の西北甘粛省と青海省でも植林活動を始まった。2004年から青海省西寧市南山でも植林と中日友好交流活動を行った。2003年の新型肺炎の年以外毎年植林活動を行った。

 

 

 

 

 

 

簡単な紹介

2015年まで青海省と甘粛省で植林人数は550人以上で、中国の西北の気候に合うポプラ、曇り松などの15000個の苗木を植えた。沙漠緑化協会は日本民間で自発的に成立し、協会のメンバは苗木の費用から交通費、宿泊費まで自分で負担している。協会のメンバは大体50代の中年で、一番年配の方は今年で84歳で、若い人は20代である。

 まだ、青海省と甘粛省の学生と先生も誘われて一緒に植林活動に参加していた。2006年から学校の一部の生徒と先生日本へ誘われて名古屋で交流会を行われた。 最も懐かしいのは原会長である。原会長が年配だし、体調も良くないのに毎年植林にいらっしゃっている。2013年に海抜高い青海省で樹を植え、酸素不足だったので、 日本へ戻って亡くなりました。とても残念だと思っております。会長のことを私たちが学ぶべきだと分かりました。会長のことを一生忘れないと思う。こう言う方々がいたので植林活動はただの植林ではなく意義のある中日民間友好関係の基でもあると思う。

2015年、一回目に日本へ行った学生も現在大学を卒業して今社会人になっている。砂漠緑化協会は生態バランスを良く取り、地球を優しく守っている偉い組織であることは間違いない。

2011年200199日遠山正瑛先生御一行4人の方々青海省に来られまして、西寧、共和県、龍羊峡、劉家峡などのところをお世話をさせて戴きました。同年植林が始まりましてから今まで18年かけて弊社がずっとお世話をせさてっ戴ている、会社に貴重な勉強をもらいました、NPOの方々と一緒に植林のことは私たちを励まして有意義なことを続いて頑張と思っております、ナゴヤの皆様ますますご健勝のことと心より申し上げます。

確認させて戴きました、平成31年5月29日から6月3日まで砂漠緑化NPOナゴヤから太田様副理事長をはじめ御一行12名様を迎えてきます、青海省チベット植林にお出でになります。

砂漠緑化NPOナゴヤのホームページは

第一行のところをクリックしてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

青海チベット