青海チベット情報

  • チベット旅行新しい情報

    チベット入域許可書を取る方法青海省旅行社にご連絡ください、青海省西寧市から天空列車にて太陽の町ラサ旅游、世界遺産のポタラ宮、エベレスト観光ラサ周辺郊外の観光スポット観光、チベットの聖湖ナムツォ(納木錯)、ヤムドク湖などを案内します。青海チベット高原各地の海抜と気温、ラサの気候年間平均気温は6.3度。10月から4月は寒く、7月と8月は雨期となっています。ラサ周辺地域の歴史ダムシュン県(当雄)とは、チベット語で「選ばれしの草原」という意味です。ラサ周辺地域の観光スポットラサ城関区郊外ツェチョリン・ゴンパ(蔡覚林寺)ラサ周辺旅行、ダグ・イェルパ(扎葉巴寺)ダグ・イェルパ(扎葉巴寺)ラサ周辺、ドムトゥ・クンブム(邦堆)ドムトゥ・クンブム(邦堆)ダムシュン県の観光スポットチベットの聖湖ナムツォ(納木錯)。

    161 2021-06-09
  • チベット旅行の入域許可証ついて最新情報

    チベット旅行パーミットの取得にはチベット旅行コース中に、入域許可証チベットへの入境ビザ申請、パーミット取得前でも、チベット行きの飛行機や列車の予約をすることは可能です、ただ、入域許可証は飛行機乗るときに原稿が必要です、列車にはコピーでよろしい、車でチベット入りときもパーミット原稿が必要です。2021年5月から現在、パーミットの申請受付は、チベット入域の20日前から資料を受付開始となります。

    661 2021-06-01
  • 青海チベット名刹瞿曇寺/瞿昙寺

    故宮にもたとえられる名刹瞿曇寺は青海省有名な観光スポットである、西寧から86キロ海東市楽都区城南の馬圏溝口に位置し、瞿曇寺は前、中、後の三進院から構成されている。山門からの中中心軸線より、金剛殿、瞿曇殿、宝光殿、隆国殿の順に建てられ、両側には御碑亭、護法殿、壁画郎、左右小経堂、仏塔、大小の鐘楼鼓楼が建てられ、その配置が故宮と似ているため、「小故宮」とも呼ばれています、気勢が雄大で、典型的な明代建築芸術スタイルを体現している。

    63 2022-03-03
  • 西寧・クンブム(塔爾寺/タール寺)

    チベット仏教主な宗派ゲルク派(黄教)には六大寺院があります、チベットラサのガンデン寺、セラ寺、デブン寺、シガツェのタシルンボ寺と甘粛省のラブロン寺と青海省のタール寺、なかにはチベット仏教の聖地としてタール寺(塔爾寺)はチベット仏教最大の寺院であり、チベット名はクンブム。西寧市から26キロ離れている青海省湟中県魯砂爾鎮西南の蓮花山に位置し、晒大仏「大タンカの開帳」 仏画の掛け軸として作られた刺繍の曼荼羅、タール寺の大経堂に四枚の大タンカが納めています。酥油花節「バターの人形祭」 バターを原料として彫られた芸術品。仏像、花卉草木や東屋の彫塑などがある。寺院では毎年旧正月、旧暦4月、6月、9月に大規模な酥油花節、仮面踊りと晒大仏などの行事が行われ、「四大大法要」と呼ばれています。

    70 2022-02-21
  • 2022年レゴン正月大法要

    冬の青海チベット旅行は、やはりアンムド地方でにぎやかです、この時青海省の省都西寧から186キロのレゴン地方は春を迎える海抜2000-3500メートルで平均気温5-6度、晴れの天気が多いです、風もなくて割合暖かいです、毎年このお正月の2月頃「チベットお正月」2週間ほど続いて各村の寺院で正月法要が行っています、同仁の町隆務鎮を中心にお正月五日から十六日まで開催してあります、最初は吾屯寺(センゲション)で始まります、大法要主には仮面踊りと晒大仏などです、現地の人々は民族衣装を整いてアクセサリーしたりして幸福を迎えて、悪魔を追いかけて彫刻仏像と描いた曼荼羅の絵の前にお祈りしています。

    56 2022-02-10
  • チベット旅行アンムド地方チベット仏教大法要と玉樹競馬節

    2022同仁県隆務「レゴン」地方チベット仏教お祭り時刻表,チべット奇祭ルロ祭(六月会)・あるいは神舞会、世界遺産の町レッゴン(同仁),2022青海省タール寺「グンブム」四大大法要時刻表,2022甘粛省ラブラン寺「モンラム」大法要,2022年玉樹カンバ地方競馬お祭り時間「カンバ芸術節」.

    111 2022-01-20
  • シルクロード嘉峪関観光

    中国の万里の長城の三大奇観の一つ(東には山海関があり、中には鎮北台があり、西には嘉峪関がある)。「天下第一雄関」嘉峪関は甘粛省嘉峪関市の西5キロの最も狭い谷の中部に位置し、嘉峪関両側の城壁はゴビ砂漠を横切り、北は黒山の懸壁の長城に連なり、南は天下の第一墩に接し、明長城の最西端の関所であり、歴史上は河西咽喉と呼ばれ、地勢が険しいため、建築が雄大で、嘉峪関は古代の「シルクロード」の交通要所である。現在は嘉峪関は観光交通が便利で、西寧から嘉峪関まで575キロ、列車で3時間以上で到着でき、敦煌から嘉峪関まで369キロ、一般的に西寧から張掖まで観光した後、列車で2時間近くで嘉峪関に到着できる。西寧旅行社にご要望にお応えスケジュールを手配させていただきます。

    35 2022-01-17
  • 敦煌旅行莫高窟、鳴沙山と月牙泉

    甘粛省敦煌市の東南25キロに世界遺産の敦煌莫高窟があります、敦煌千仏洞と言われています、莫高窟は世界で現存する規模が最も大きく、保存が最も完璧な仏教芸術の宝庫で、“東方芸術の明珠”と誉められています。敦煌市の南西5キロの鳴沙山の北麓にある月牙泉の景勝地で、鳴沙山に囲まれていて、砂泉が共存し、天成を作り出し、昔から「砂漠の奇観」で知られている。鳴砂山は砂が動いて音を立てることから名付けられた。東漢は沙角山と呼ばれ、俗名の神沙山と呼ばれ、晋代から鳴沙山と呼ばれ、山東省の西長40キロ余り、南北幅約20キロ、主峰の標高は1715メートルである。

    56 2022-01-15